検索
  • 加藤智津子 | Chizuko Kato

Empreinte de chameau🐪らくだの足あと

最終更新: 2月9日

🌙 砂漠(Sahara)と、砂漠の国・モーリタニアのお話 🌙

その2 ノマド(遊牧民)の「家」に泊まる


  砂漠は暑い。3月中旬から9月中旬までの間はとにかく、暑い!

  気温50度を超えることもある。

  快適な砂漠の旅をするならば、冬。

  ただ、朝がたの砂漠は少し寒い。極度の乾燥ゆえに、気温10度にして寒さにふるえる。

  かかとにはひび割れ防止のワセリンを塗り、靴下も履き、テントのなかでシュラフ(寝袋)の

 ファスナーをぐっと閉める。

  しかし、冬の砂漠でやっかいなのは強風!テントを張るのも、火を使った調理も厳しい。

  こんなとき、ノマド(遊牧民)のマハメッドを借りる。

  ノマドは大抵、広く頑丈なハイマ(テント)で生活しているが、暑い夏はアカシアの幹にナツメヤシの葉や

 ラクダ草で組み立てた小屋、マハメッドで過ごすことも多い。

  夏仕立てなので隙間風は防げないけれど、なかでテントを張り、食事の支度もできるのはありがたい。

  広い砂漠、マハメッドはそうあるものではないが、探す。

  近くにノマドがいれば、快く貸してくれる。不在の場合でも借り、使用後は元に戻しておく。

  砂漠では誰も、とがめたりはしない。

 

  Photo: モーリタニア アドラル州、Ziyâr

        「Dâr ech Cheïkh Mohammed Fâdel」の家

       「Beït ez Ziyâr」の家

     砂漠にある粘板岩(スレート)でつくられた建物で、なかには調理道具、ベッド等が置かれ、薪も

     準備されていて、誰もが自由に使うことができる

この先には「Sebkhet Chemchâm(セブハ・シェムシァム)」よ呼ばれる草木1本生えていない

     塩(セブハ)の浮き上がった白い砂漠が 60㎞ 続く

     「マラボウ」、「ジィヤーラの家」とも言われ、古い地図には「シェイフ・モハメド・ファーデルの家」と

     記載されている

     ラクダのキャラバンの時代、シェイフ(=長老)と称される人が 私財を投じて、過酷な砂漠を行く

     人々のために寄贈したものだ

     砂漠には、このような「家」はまだある

0回の閲覧

© Chizuko Kato