Syria Aleppo・Bāb Halab:アレッポの扉 🍇


Bāb Halab(バーブ ハラブ): アレッポの扉

「商人たちの共和国」

世界最古のスーク、アレッポ

 アラビア語では、アレッポハラブ(Halab)といいます。

かつて、この地で アブラハムが貧しい人たちにふるまったミルク(ハリーブ)に

 由来します。

世界最古で、世界最大のカラー(城塞)を中心に、周辺には19の門があり、

スークのある旧市街、メディーネや キリスト教地区、ジュダイデ等が広がっています。

以前は、カラーの地下から街の家々まで地下道でつながっていました。

アレッポへは1993年、黒田壽郎、美代子ご夫妻の伝統的なスーク(市場)の調査研究に

同伴して以来、継続的に通いました。

黒田美代子著「商人たちの共和国」(新版) 及び写真展で、掲載、展示した写真と2010年

以前のアレッポの日常の写真を追加しました。

portfolio Syria Aleppo・Bāb Halab:アレッポの扉 「商人たちの共和国」

* 写真:カラー入り口(1994.12)

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us

© Chizuko Kato