Empreinte de chameau🐪らくだの足あと

🌴モーリタニア🌙 砂漠を旅する🌴

その6 「サハラの目」:ゲルブ・エル・リシャット (Guelb er Richat) - ②


2度めの「サハラの目」 ゲルブ・リシャットへ向かったのは冬の日。


モーリタニアの中央部に位置するアドラル州は山地を有し、急峻な断崖が砂漠を南北に二分している。

州都アタールから東のゲルブ・リシャットまでのびるアドラルの山(シンゲッティ台地)で、

南側はワラン砂丘、北側はマクティール砂丘。

普通、世界遺産のシンゲッティ、ワダンへの観光は道路のある南側ルートを使う。


しかし、もう一方の北側ルートはピストで集落もなく、野宿になるが、さまざまな砂漠が楽しめる。

たまに、「このあたりでラクダを見なかったか」とすれ違いの車から聞かれることもあるが、誰とも出会わないときもある。

ゆったりとアカシアの巨木の下でお茶を飲み、親しいノマド(遊牧民)家族のハイマ(テント)を訪ね、

彼らの拾い集めたヤジリを買ったりもする。

そうして、たどり着くのが「サハラの目」の上瞼の部分にあたるエル・ベイヤード(El Beyyed)。

山々や砂丘に囲まれた地下水の湧くオアシスで、季節によって移動してくるノマドの集落になっている。

そんなオアシスのエル・ベイヤードには前期旧石器時代(Acheuléen文化)と新石器時代が存在したのだった。

Photo: モーリタニア アドラール州

      Tazaz Mont (タザズ山).から「ゲルブ・リシャット」、「サハラの目」を見下ろす


エル・ベイヤードから、ゲルブ・リシャットへはタザズ(Tazaz)山を超えることになるが、

厄介な坂道がある。

大きな石が積み重なった車の幅だけの坂道で、それらがタイヤの動きとともにガラガラと音をたてて動き、

車体の高い四駆駆動車の底にも尖った石がガンガン当たる。ときに、その石で滑ることもある。

上り坂なら多少、車はバックするだけだが、下り坂で滑ったら一気に回転しながら落ちていくかもしれない。

いつも緊張する石山の坂道だ。

そうして、上までゆっくりと上っていく。

砂漠の山の多くはプラトー(plateau)で、巨大な石の山が風で石塊の平原になったものだ。小さいが、

タイヤには良くない突き出た石の上を1時間半以上走行する。

走り続けて、ようやくゲルブ・リシャットを見下ろす崖淵に着くと、いくつもの残丘が霞んで見えた。

慎重に坂道を下り、そんな丘の脇を通過して「サハラの目」の中心部に到着する。


しかし、オーベルジュは無人で、何年間も使われていないように思えた。

それでも、10年ぶりに「サハラの目」の真ん中の山に登ることにした。

以前よりも砂が積もっていたので、出ている石の上に足をかけて登った。

1度めのときには気づかなかったさまざまな石が、目に入ってくる。

頂上の石に腰をかけ、丘陵が黒っぽく重なって続いているさまを見た。


そのとき、ふもとからドライバーが私を呼んだ。


そう、この静寂、、、

あまりにも静かすぎる。

見渡す限り、ラクダもヤギも、飛ぶ鳥すらもいない、生き物の存在が感じられないのだ。

この広い空間にふたりの人間しかいない。


私たちは退散することに決め、砂砂漠を経てウアダンへ向かうことにした。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us