Empreinte de chameau🐪ラクダの足あず

🌙砂挠Saharaず砂挠の囜、モヌリタニアのお話🌙

その 「サハラの目」ゲルブ・゚ル・リシャット Guelb er Richat - ②


床めの「サハラの目」 ゲルブ・リシャットぞ向かったのは冬の日。

モヌリタニアの䞭倮郚に䜍眮するアドラル州は山地を有し、急峻な断厖が砂挠を南北に

二分しおいる。

州郜アタヌルから東のゲルブ・リシャットたでのびるアドラルの山シンゲッティ台地で、

南偎はワラン砂䞘、北偎はマクティヌル砂䞘。

普通、䞖界遺産のシンゲッティ、ワダンぞの芳光は道路のある南偎ルヌトを䜿う。

䞀方、北偎ルヌトはピストで集萜もない。野宿になるが、さたざたな砂挠があり、お気に入りの

アカシアの朚があり、芪しいノマド遊牧民家族のハむマテントを蚪ねる楜しみもある。

そうしお、たどり着くのが「サハラの目」の䞊瞌の郚分にあたる゚ル・ベむダヌドEl Beyyed。

山々や砂䞘に囲たれ、地䞋氎が湧くこずから、季節によっお移動しおくるノマド遊牧民の

集萜になっおいる。

そんなオアシスゆえ、゚ル・ベむダヌドには前期旧石噚時代Acheuléen文化ず新石噚時代が

存圚したのだった。

Photo モヌリタニア アドラル州

      Tazaz Mont タザズ山.から「ゲルブ・リシャット」、「サハラの目」を芋䞋ろす


゚ル・ベむダヌドから、ゲルブ・リシャットぞはタザズTazaz山を超えるこずになるが、

厄介な坂道がある。

倧きな石が積み重なった車の幅だけの坂道で、それらがタむダの動きずずもにガラガラず音を

たおお動き、車䜓の高い四駆駆動車の底にも尖った石がガンガン圓たる。ずきに、滑るこずもある。

䞊り坂なら倚少、車はバックするだけだが、䞋り坂で滑ったら䞀気に回転しながら萜ちおいくかも

しれない。垞に緊匵する石山の坂道だ。

そうしお、䞊たでゆっくりず䞊っおいく。砂挠の山の倚くはプラトヌplateauで、巚倧な石の山が

颚で石塊の平原になったものだ。小さいが、タむダには良くない突き出た石の䞊を時間半以䞊

走行する。

走り続けお、ようやくゲルブ・リシャットを芋䞋ろす厖淵に着くず、いく぀もの残䞘が霞んで芋えた。

慎重に坂道を䞋り、そんな䞘の脇を通過しお「サハラの目」の䞭心郚に到着する。

しかし、オヌベルゞュは無人で、䜕幎間も䜿われおいないように思えた。


それでも、幎ぶりに「サハラの目」の真ん䞭の山に登るこずにした。

以前よりも砂が積もっおいたので、出おいる石の䞊に足をかけお登った。

床めのずきには気づかなかったさたざたな石が、目に入っおくる。

頂䞊の石に腰をかけ、黒っぜい山が幟重にも果おしなく続いおいるのを芋た。

もしかしお、火星や月䞖界はこんな颚景かもしれないず想像しながら。


そのずき、ふもずからドラむバヌが私を呌んだ。

そう、この静寂、、、あたりにも静かすぎる。

芋枡す限り、ラクダもダギも、飛ぶ鳥すらもいない。生き物の存圚が感じられないのだ。

この広い空間にふたりの人間しかいない。


私たちは退散するこずにし、砂砂挠を経おりアダンぞ向うこずになった。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
ただタグはありたせん。
Follow Us

© Chizuko Kato