Empreinte de chameau🐪らくだの足あと

🌙砂漠(Sahara)と砂漠の国、モーリタニアのお話🌙

その7 「サハラの目」:ゲルブ・エル・リシャット (Guelb er Richat)- ③


モーリタニアでは「ハッサニーヤ」というアラビア語方言が話される。

ハッサニーヤで、「ゲルブ」は心臓や中心、「リシャット」は鳥の羽を意味する (エルは冠詞)。


「ゲルブ」はインゼルベルグ Inselberg(ドイツ語、仏語)=残丘と解釈する。

「残丘」とは砂漠のなかに孤立する丘や山。周囲よりも岩盤が硬かったために、

断層運動や侵食にも取り残された山のこと。

ハッサニーヤではそのような残丘の多くが「ゲルブ」と呼ばれている。

Photo: モーリタニア アドラル州 ゲルブ・リシャット、「サハラの目」の中心


いつものように、アタールから四輪駆動車で出発し、Belle Etoile(野宿)は2泊。 

その後、エル・ベイヤードに向かう。友人にプレゼントの懐中電灯を渡し、石の動く坂道をガラガラと上り、また石の転がるプラトーを走り続ける。

ようやく、ゲルブ・リシャットを見下ろす崖淵までたどり着く。中心部から25キロあたりの位置になる。

慎重に坂道を下りた。

冬とはいえ日差しは強く、ラクダ草の繁るアカシアの木陰で軽くランチをとる。

4年前にはなかった砂丘に阻まれ、迂回。

ところどころで地表を撮影しながら走るが、3度めともなると、意外なものが見えてきて、とても興味深い。

中央のオーベルジュはやはり、閉まったままだった。

それにしても、何度来ても、この風景には感動する。

宇宙からは瞳に見える同心円状の丘陵群が遠く霞む。


約9900万年前の白亜紀の時代、ゲルブ・リシャットは大量の熱水を伴うマグマの上昇を引き起こした非常にまれな巨大火山活動から生まれ、ドームを形成した。

その後、水は割れ目に徐々に浸透することにより石灰岩の層を溶解し、長くゆっくりと、ドームは崩壊していく。

更に、長年の侵食や風化によって柔らかい岩石部分が削られ、今日、サハラの目として知られる円形構造になった。

この構造の層を構成するのは主に古生代(5億4100万- 約2億5190万年前)の珪岩(quartzite クォーツァイト)で、ほぼ石英からなる硬い岩石。NASAの衛星写真では青く見えている。

https://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_528.html

似た構造物はマリ、チャド、アルジェリアにも存在するらしいが、これほど壮観ではないようだ。

白亜紀は大陸が大きく移動する時代で、火山活動も活発だった。

ただし、ゲルブ・リシャットについては、溶岩は地表には達していない。


深さの異なるマグマの上昇に伴い、ゲルブ・リシャットには珍しい石が多く存在する。

これがまた、私を「サハラの目」に誘う。



「Guelb er Richat」は様々な名前で呼ばれる

サハラの目、アフリカの目、雄牛の目、、、、

アンモナイトやモーリタニアの「ストロマトライト」のようにもみえる

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us