Empreinte de chameau🐪ラクダの足あと

🌴モーリタニア🌙 砂漠を旅する🌴 No.10

砂漠の雨 - ②


冬の夕方、白い雲が出てくるが、雲の位置は低い。

その日は、そのまま暮れた。

白い雲は雨の前兆だったのか、雨雲だったのか、翌日の夕方には空高く広がり、雨がパラパラ落ちてきた、、、、。

砂漠の野宿で困るのは雨と強風。

火が使えない!

運転手兼調理人は早々に、夕食の支度を始め、私は薪にするアカシアの枯れ枝を集めに行く。

暖をとるためと、お茶用に。

Photo:モーリタニア アドラール州 エル・ベイヤード  

普段、草も生えない砂砂漠にジルジィールが茂る


砂漠の旅で雨を体験することはそうないが、深夜、雨まじりの風がしばし、テントを揺らした。

さすがに翌朝は寒く、焚き火の前で、お茶を飲み、出発。

太陽は雲のなかにぼんやりと輪郭だけが見える。

大粒の雨がランドクルーザーのフロントガラスを濡らし始め、運転手は珍しくワイパーを作動させた。

常に乾燥していた砂漠だけに、高湿度は何とも気分が滅入る。

昼食は、何度か訪れたアイシャ(*1)と呼ばれている巨大な石の中だった。

内側に立って歩ける空間がある。

石を伝わって流れてくる雨を見ながら、昨夜の残りの食事(タジン)を温めなおして食べる。

雨は、その日で終わった。


こんなふうにして降る雨で、しばらくすると砂漠に眠っていた種が一斉に芽吹く。

ラクダやヤギの大好物の、小さな紫の花をつけたジルジィール(*2)が、砂漠を牧草地のように見せる

ほどに育つ。

母ラクダ、母ヤギの母乳には最高の餌だ。

ラクダの母乳が多く出れば、おすそ分けもあるかもしれない。

市販のパック入りのラクダミルクも販売しているが、やはり生乳は断然、美味。

ヤギ乳でチーズやクリームなどの加工品を作る。

モーリタニアのノマドたちは、そのクリームをパスタにからめたり、ナツメヤシに付けて食べる。

家畜を育てるノマドにとっては嬉しい雨だ。

さらに、その雨は野菜の栽培も可能になる。

雨の降った年には、甘いスイカやメロンが道路で販売される。

それを購入し、地方の友人へのお土産にするととても喜ばれる。


砂漠には太陽が似合うが、雨は適度に必要。

 

(*1) アイシャ (Aïsha )

高さ 496メートルのモノリス(一枚岩).

シュームからヌアディブへ向かう途中に幾つものモノリスが点在する.

なかでも、 5キロ離れたところにあるベナミラ(Ben Amïra)は 633メートル)で、アフリカで一番高い.


(*2) ジルジィール (Jerjir)

アブラナ科の一年生植物。肉質の細長いハート型の葉、紫色の房状の花.

雨の後、砂質土壌で急速に成長し、砂漠が牧草地のように変わる.

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us