Empreinte de chameau 🐪らくだの足あと

🌴モーリタニア🌙 砂漠を旅する🌴

その13 砂漠を走る、世界で一番長く、重い列車!- ②


深夜、凄まじい音が聞こえてきた。

鉄鉱石を運搬する鉱石列車の音、、、、、

このまま通過していくものだと思った。

ところが、列車はすぐ裏で停止した。

こともあろうに、反対側からも同じようにして列車が到着した。

風の強かったその日は、不在のノマドの家を借り、なかで食事をし、テントを組み、8時にはシュラフに入って眠っていた。

検問の Gendarmerie(憲兵)に勧められた家で、骨組は使用済みの鉄道レールを利用した壁の厚い建物。

風だけは避けられるが、音は別だ。

3300馬力か、4500馬力か、数台分のディーゼル機関車のエンジン音が容赦なく響きわたる。

確かに、この家の裏に線路はあったが、複線になっていたとは気づかなかった。

シュラフのなかで、じっと我慢。

Photo:モーリタニア アドラール州 

風で砂が動く ノマドの家の後方に鉄道の線路


モーリタニア鉄道の鉱石列車は「単線」を走る。

採掘、加工された鉄鉱石を積み込んだ列車は北部の「ズエラット駅」から190キロ南下し、「シューム駅」まで向かう。

その後、垂直に西へ方角を変え、積み出し(輸出)港「ヌアディブ駅」のあるカップ・ブラン半島までひたすら走り続ける。

全長約700キロメートルの間に、駅は「シューム駅」と SNIM(*)の乗務員が交代する「ティメミシャット駅」が存在するだけだが、

他に7つのバイパス(ホームのない停留所)が設けられている。


モーリタニアは漁業とともに鉱業も主要産業で、鉄鉱石を運搬する鉄道はモーリタニア経済の大動脈である。

絶対に事故があってはならない。


単線上で、交通の安全を確保するために、2、5キロメートルに連なった「空の列車」と「負荷のかかった列車」を複線になったバイパスで交差させている。

その動きはヌアディブに設置されたコントロールステーションを介して、リアルタイムに監視される。

ヌアディブとズエラットを結ぶ光ファイバーケーブルの敷設プロジェクトにより、最新の通信システムも備えている。


メンテナンスも欠かせない。

砂漠を走行するということは、「砂との戦い」でもある。

砂は常に空を漂い、降ってくる。

線路に堆積する砂の除去は必須で、特別な作業員によるシャベルを使っての手作業が行われる。

定期的に線路に付着した砂を掃き出す特別な列車や、自動タンピングマシンなども導入している。

重い列車の走行も、レールや枕木に大きなダメージが及ぶため、点検や補修、交換は欠かせない。

そんな働く作業員たちの姿を見かけることも多い。

私と共に行動しているドライバーは、線路に働く人たちを見つけると「ご苦労さん」というような仕草をする。


深夜のディーゼル機関車の爆音はそのまま、作業する人たちの声とともに1時間近く続いたのち、静寂は戻った。


しかし、早朝にも同じように鉱石列車がやってきて止まった。


たまたま宿泊した名前も知られていないノマドの小さな集落(Campement)に検問所があったのは、

列車が交差する重要なポイントだったからだ。


(つづく)


(*) SNIM(Société Nationale Industrielle et Minière):モーリタニア鉄鉱公団

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us