Empreinte de chameau🐪らくだの足あと

🌴モーリタニア🌙 砂漠を旅する🌴

その14 砂漠を走る、世界で一番長く、重い列車!④


砂漠の人たちは、目(視力)がいい。

夕方、砂漠で食事をしているとき、ドライバーがナツメヤシの茂るずっとずっと先を指して「ルミエールが、、」と言う。

誰かががこっちに向かって来ているようだと。

「光?どこ?」、私には何も見えない。

それから、30分後、ふたりの女性がぼんやりと光を灯した懐中電灯を持って現れた。

(何と闇のなか、お土産を売りに来たノマドの女性でした:笑)


彼らは目だけでなく、耳もいい。

モーリタニア鉄道の沿線を走っていると、これまた突然、ドライバーは「列車が近づいている」と言う。

車を止めて、ドライバーと私は線路近くにかけより、待機する。

ようやく私にも列車の音が聞こえてきた。

まもなく、爆音が響きわたり、長い列車を牽引する水色の先頭車が見え始めた。

ズエラット(Zouérat)からシューム(Choûm )、ヌアディブ(Nouâdhibou )へ向かう列車だ。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/51/Carte_chemin_de_fer_de_mauritanie.png

Photo:モーリタニア アドラール州 モーリタニア鉄道

3両のディーゼル機関車で約200車両(総重量、最大17,000トン)を牽引する


私たちは近づいてきた列車に向かって、思いっきり手を振る。

汽笛が大きく鳴って答える。

運転手が窓を開けて、にこやかな顔で手を振ってくれるときもある。

牽引車の後ろに自動車輸送用のフラットカーが連結されていれば、車に乗った人も窓から顔を出し、手を振る。


この時間がなんとも楽しい。

その後ろに、タンク車(水)が続き、鉄鉱石を積荷したホッパ車(貨物車)が続く。

ガシャ、ガシャ、キャキーン、キャキーン、ガラスの割れるような(?)独特の金属音が響く。

とにかく、列車は長い。

それでも、水色の客用車両を最後に、列車は遠ざかっていく。


砂漠の旅で、一度はこの列車を見ないと寂しい。


(つづく)

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us