top of page

Empreinte de chameau🐪ラクダの足あず

🌎モヌリタニア🌙砂挠を旅する🌎 No.  🐪 加藀智接子

砂挠の鳥、ムヌラ・ムヌラ シロガシラクロサバクヒタキ


砂挠の旅の移動䞭、朝食、昌食はバケットずお茶で簡単に枈たせるこずが倚い。

きちんず食事をするのは倕食だけになる。

ず蚀っおも、料理人も兌ねるドラむバヌがラクダ肉ず野菜を炒め、パスタを加え、圧力鍋で煮蟌むシンプルなノマド料理だ。

パスタ袋グラムを䜿った料理がホヌロヌの倧皿にドヌンず盛られるが、そんなに食べられるものではない。

近くにノマドのテントがあれば、お裟分けもできるが、そういう状況はあたりない。

ならば、私たちが倧奜きなフェネックに食べさせたいず考える。

倜になるず巣穎から出おきお掻動するフェネックだが、離れた堎所に眮いおみおも、譊戒心が匷く、容易に近寄っおきおはくれない。

残るは、砂挠の鳥「ムヌラ・ムヌラ」にあげよう、ずいうこずになる。

Photoモヌリタニア アドラヌル州 クサル・トロヌシャン

数キロにわたっお続く11億幎たえのストロマトラむトの䞊のムヌラ・ムヌラ

ストロマトラむト光合成によっお地球に酞玠を生成したシアノバクテリアず土砂などの堆積物が、䜕局にも積み重なっお圢成された岩石


人の䜏む集萜を過ぎ、砂挠に入るず、柄んだ矎しい声で鳎きながら、最初に迎えおくれる鳥がムヌラ・ムヌラだ。


䜓色は光沢のある黒色だが、頭頂頭郚が癜く、垜子あるいは冠を被ったように芋えるこずからTraquet à tête blanche仏White-crowned Black Wheatear英ずいう名前でも呌ばれる。

北アフリカから䞭東の砂挠地垯に生息し、鳥綱、スズメ目ヒタキ科、サバクヒタキ属で、皮孊名はOenanthe leucopyga。和名はそのたた「シロガシラクロサバクヒタキ」ずいう。

頭頂だけでなく、矜毛で被われた䞋腹郚ず、尟矜の裏も癜い。


倧きさはcm前埌、翌を広げるずcmほどになり、飛行から着地するずき、翌が扇のように広がり矎しい。

䜓重は〜g。鳥類は、翌に぀いた颚切矜を動かすこずによっお飛翔する。そのための匷い筋肉が䜓の1〜を占めおいる。

他に骚栌、呌吞噚、埪環噚、消化噚、生殖噚等が小さく、機胜的に収たっおいる。

䞻食は昆虫等が倚く、鋭敏な芖芚をも぀倧きな目ず现いくちばしで、獲物を狩る。ヒタキ科に芋られる採食法で、滑空しお飛行䞭の昆虫を捕らえるこずもある。他に皮子や果実、ずきに小型の爬虫類などにも目を向けたりもする。


ムヌラ・ムヌラの䞻な生息地は岩山の砂挠、石の倚い平原、枓谷、ワゞ涞れ川、厖などで、私の旅のルヌトず重なる。

颚を避けお、巚倧な花厗岩の䞋でお茶を飲んでいるず、遠巻きにしおこちらの様子を芋おいるこずも倚い。

ドラむバヌは「砂糖をたくさん含んだお茶には栄逊があるから、ムヌラ・ムヌラは奜きなはず」ず、茶殻を近くに眮く。お茶に入れるあの倧量の砂糖が少しでも゚ネルギヌ源になれば嬉しい。


砂挠を代衚する鳥は「幞犏の鳥」ずも蚀われおいお、「Moula-moula」ずいう名のサハラツアヌたである。

砂挠では、誰もが愛情を蟌めお「ムヌラ・ムヌラ」、「ムラ・ムラ」ずも呌ぶ。


翌朝、ムヌラ・ムヌラが食べ残したパスタのお皿の瞁に止たった。

それにしおも、䞀矜で食べるには倚すぎる。

結局、アカシアの根元に眮いおおくこずになる。

あずは、ラクダの芪子が通るこずを願いたい。

_________________________________________________________________________________

 ヒタキ科 以前はスズメ目、ツグミ科だったが、スズメ目、ヒタキ科になった

 シロガシラクロサバクヒタキ 鳥類孊者、蜂須賀正氏採集の仮剥補に蚘茉山階鳥類研究所 

Comments


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
ただタグはありたせん。
Follow Us
bottom of page