Sculpture  de la Terre

先カンブリア時代の石    加藤智津子
 

 アフリカ大陸は30億年以上前に形成された大陸地殻で、地球が大陸、超大陸の分離と合体を
くりかえしてきた影響を殆ど受けずにきたため、古く安定した大陸地殻部分が残っています。
 

 地表の侵食が進み、台地や平原等が形成されてはいますが、およそ22億年まえ以降の先カン
ブリア時代の地殻が存在しているのが西アフリカ、モーリタニアの砂漠です。
 

 最も古い台地の花崗岩、酸素を生成したシアノバクテリアの活動が石化してできたストロマト
ライト、動き回る生物のいない海が残した漣(さざなみ)の跡、先カンブリア時代最終期に地球が
赤道まで全球凍結(スノーボールアース)した痕跡を示す漂礫岩堆積物。
 

 これらは地球の誕生以来、刻まれ、創り上げられてきた「地球の彫刻」です。

 

Precambrian Desert      Chizuko Kato


The African continent is a continental crust formed more than 3 billion years ago.
The earth repeatedly combined and separatedcontinents and super continents, but the African Continent has remained as a stable continent earth crust part.
In West Africa, Mauritania, the surface of the earth erodes, but the Precambrian earth crust after approximately 2,200 million years ago exists.
Granites from the oldest plateau、 stromatoliteswhich became stone by the activity of the oxygen-producing cyanobacteria , ripple marks left by seaswithout biological creatures that moved about in them glacial deposits that show traces of Earth’sglobal freeze (Snowball Earth).
These are sculptures of the earth.

 

© CHIZUKO KATO All rights reserved.

© Chizuko Kato