top of page

Empreinte de chameau🐪ラクダの足あと

🌴モーリタニア🌙砂漠を旅する🌴No.26

① サハラ砂漠へ落下する ― フルグライト(Fulgurite)/閃電岩/電菅石/雷石(?)


日本で最大のミネラルショーが池袋で開催された。

今回は海外からの出展者が増え、会場も3階まで増設され、久々に盛り上がっていた。

その海外ブースのなかに、珍しく「モーリタニア」と表示されたものがあった。

細かくチェックしているわけではないけれど、ミネラルショーで、モーリタニア産の岩石や鉱物を見かけることはほぼ、ない。

それは「Fulgurite Mauritania」と明記されたフルグライトで 、¥300/g の量り売りだった。

Photo:モーリタニア、アドラール州 

嵐が迫ってきても、ゲームに興ずる砂漠の民たち


フルグライト(Fulgurite)は閃電岩、あるいは雷管石ともいい、ラテン語の雷(Fulgur)が語源。

砂漠に落ちた雷の衝撃によって、砂が溶けてできあがった準鉱物のこと。


日本では樹や建物に落雷するが、何もない砂漠では砂地へ落下する。

落雷はほんの瞬間に、わずか1/1000秒間に放電し、およそ数千万〜1億ボルト、1,000〜20万アンペアの電流が流れる。

さらに、熱は30,000度に達する。太陽の表面温度が約6,000度だから、その約5倍の温度だ。


このような強烈な雷が砂漠に落下すると、どんなことになるのか?

砂漠の砂は表面が酸化鉄で被覆されていてオレンジ色に見えるけれど、寒暖の差で割れて、飛ばされ、ぶつかりあって細くなった石英の粒でできている。

砂上に雷が落ちると、一瞬にして電流は落雷地点を中心として砂中を走り、石英部分を溶かし、凝固していく。

まるで植物が根を下ろすように、枝分かれし、その経路に沿ってガラス細工のようなフルグライトが形成される。

ガラス質の管に、砂の粒子が付着したつぶつぶの表面、管の中は光沢がある濃いグレーで滑らかだ。太い菅のフルグライトから見えるグレーの部分は、「熱で溶けた」ことをよく物語っている。

それらはぶつかり合うと、ガラス管のように心地よい音もするが、もろい。

このフルグライト=天然の石英ガラスは、ルシャトリエライト(Lechatelierite)で、(落雷などの)衝撃変成作用によって形成される非結晶準鉱物ということになる。


色と形は砂漠によってそれぞれ異なるようで、モロッコ南部の砂漠で拾ったフルグライトは薄いベージュ色をした、ほぼまっすぐな管だった。


砂漠での雷の体験はアドラール州滞在時に、1度しかない。

空気が湿り気を帯びてくると、空がみるみる暗くなり、雨混じりの強風とともに稲妻が聞こえたが、そのときは、やや遠かったようだ。

モーリタニア中南部、タガン州のワーディー(涸れ川)で、100m2にも満たない面積に、数十個の衝突跡があったと聞いたことがある。すると、落雷しやすい場所、つまり、雷の通り道は決まっているのではないだろうか。

そのようなことを熟知している砂漠の民たちは、拾い集めて販売しているのかもしれない。やはり、砂漠に落ちている新石器時代の石刃とともに。


砂漠では、突然の落雷、突然の洪水は起こりえる。

天候の危ういときは、川が流れた跡のある場所に、間違ってもテントを張らない方がよろしいようです。

___________________________________________________________________________________

モーリタニアのフルグライト

前列のフルグライトが 約11cm


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
bottom of page